音楽の力
オリンピック、女子フィギュアが終わりました。
荒川静香選手、金メダルおめでとうございます。
コーエン選手はともかく、スルツカヤ選手が転倒するとは思いませんでした。
村主選手の演技も素晴らしかったです。
4回転ジャンプには失敗しましたが、安藤選手の演技も私は素晴らしいと思いました。
この冬のオリンピックでのはじめてのメダルが、金メダル。
本当に驚き!ですね。

演技を見ていて感じたのですが、
選手は曲を聴きながら演じているのでしょうか。曲でリズムを取ってるかしら?
体操でもそうですが、演技には決まったルールがあると思うんです。
(素人の意見なので、適当に聞き流してください。。。)
そのルールをこなすには、ある程度音楽を無視しなくてはならないような気がします。
肝心なポイント(曲想が変わったり、アクセントのあるリズムの箇所など)には、あわせるとは思うのですが、音楽全体のリズムはかなり無視していますよね。
では、何のために曲を流すのでしょうか。

まず演技の長さ。。。最初と最後、要所要所があわせられるのは大きいですね。
勢い、躍動感、イメージ、、、などへの影響も大だと思います。
なんと言っても、感情表現。選手の演技に対する思いや感情移入に大きな役割があると思う。
まだまだ言葉にできないことたくさんあると思いますが、、、、、

こうして考えると、音楽ってすごい!って思うんです。
音楽を専門に勉強しているわけではない選手に、力を与えて、
そしてその演技を左右する音楽。
すごいなぁ。。。
そんな影響力のある音楽が、、、、、、、、、、、、できたら良いなぁ。。。(..)
[PR]
by yanagimama | 2006-02-25 00:43 | 音楽
<< そう言えば、、、 オリンピックは、 >>