レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語
http://www.fushiawase.jp/
主人も子ども達もとても観たいと言っていた映画です。

なぜか突然火事で両親を亡くしてしまった三姉弟。
莫大な遺産を受け継ぐその三姉弟の後見人になり、かわってその遺産を手に入れようと企む伯爵。
伯爵の企みを、姉の発明と弟の知識、末っ娘の歯で切りぬけ、なんとか伯爵の悪事を阻止するが、、、
三姉弟の未来はまだまだどうなるのか。。。

ジム・キャリー主演(悪役)の映画です。
前評判にかなり期待して行ったのですが、はっきり言ってお子様向けの映画で残念でした。
子役は皆可愛く、演技は素晴らしく、、、もちろんそれを囲む俳優達も一流陣。
特撮・CGも素晴らしく、何も文句のつけようがありません。
が、やっぱりねぇ~。
先日のコンスタンティンでも書いたかも・・・ですが、布石が多すぎて面白くなりそう~。でも最後まで解決せず疑問をいっぱい残したまま終わってしまう~みたいな。
原作を読む方が楽しめるかな?(って児童書かなんかですよね?)

ダスティン・ホフマンがでてましたが、ちょい役。
最後のタイトルロールでジュード・ロウの名前を見つけて、どこに出てた???
って、ストーリー・テラーのレモニー・スニケット役だったようで、影だけで一度も顔を見せず。
(一瞬明かりが・・・と言う所があったのですが、確認できず)
俳優陣を見ても、優良な子ども映画!という感じですね。(^.^)
[PR]
by yanagimama | 2005-05-05 23:13 | 映画・DVD
<< ゴールデンウィーク終了! 次女が実家へ >>