コンスタンティン
興味があって、主人と二人で行ってきました。

人間界には入って来れず、均衡を保っている神と悪魔。
しかし陰謀によりその均衡を破ろうとするものが。。。
天使や悪魔を見、天国と地獄を行き来できる能力者コンスタンティンは、迷い込む悪魔を地獄に帰すエクソシストとして活躍しているが、子どもの頃その能力の為に自殺するという過去を持つ。
自殺の罪の為に地獄に行く運命なのだが、何とか行かずに・・・と日々暮らしている。
彼がその陰謀を阻止するべく頑張るお話。(ーー;)

こんなんで合ってるかな?
聖書の教えでは自殺者は天国に行けない、葬儀もできない?とか。
天国の描写はホンのちょっとだけでしたが、地獄がなかなかリアルで、、
CGも素晴らしく、他映像技術というかテクニックが素晴らしい映画でした。
主人公の刺青や悪魔に使われる人に出る印の説明が不充分で、予告編であった映像なのにあまり重要じゃないとか、ちょっと納得いかないところがいくつか。
悪魔ルシファー(サタン)に息子がいたり、天使ガブリエルが神を裏切ったり、
なんとなく宗教を否定しているかも・・・・と思われるところもあって、
アメリカの宗教の浸透に驚いたり、不安になったり。(・・;)?

楽しめたけど、ちょっと変な映画だなぁ~というのが感想です。
キアヌファンには十分オススメ。
でも予告にあるようなインパクトは全然でした。(ーー;)
ハッキリ行って「マトリックス」の方が断然良いです!
(マトリックスも独特な映画でしたよね。私としては良かったのは一作目だけですが、、)
[PR]
by yanagimama | 2005-04-29 23:13 | 映画・DVD
<< 長女帰宅! パーテーション >>